文字サイズ

【菊花賞】エポカドーロ2冠奪取へ動き上々 藤原英師「さらに良くなっている」

 しまいを伸ばして併入したエポカドーロ(左)=撮影・佐藤厚
1枚拡大

 「菊花賞・G1」(21日、京都)

 2冠奪取へ-。皐月賞馬エポカドーロは岡田(レースは戸崎圭)が騎乗し栗東CWで11日、コーカス(4歳1000万下)と併せ馬。2馬身半追走から併入を決め、6F86秒0-41秒0-11秒9をマークした。全体時計は平凡だが、ラストは自らハミを取って鋭く加速。1週前としては上々の動きだ。「指示通り。いい追い切りだった」。見守った藤原英師も満足げにうなずく。

 「前哨戦が思った通りにいかなかったので」と指揮官が振り返るように、前走の神戸新聞杯は発馬後に大きくつまずき4着。秋の始動戦を飾ることはできなかったが、勝手の違う後方からの競馬でも、一応の格好はつけたと言えるだろう。

 未知の3000メートル戦に、「ダービーから600メートル延びる。やってみないと分からない」と話したが、「順調が何より。使ってさらに良くなっている」と好仕上がりを強調する。刻一刻と迫る決戦の日。ダービー馬不在のここは負けられない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス