文字サイズ

【菊花賞】ブラストワンピース5馬身突き放す 池添は気合!ダービー5着の雪辱へ

僚馬を圧倒したブラストワンピース(撮影・三好信也)
1枚拡大

 「菊花賞・G1」(21日、京都)

 新潟記念で歴戦の古馬を撃破したブラストワンピースは11日、美浦Wでサーワシントン(4歳500万下)と併せ馬。6Fから2馬身追走する形で進み、直線はインへ。鞍上の池添が気合をつけると一気にエンジン点火。豪快なアクションで6F82秒0-37秒5-13秒1をマークし、僚馬を5馬身突き放した。

 動きを見届けた大竹師は「1週前ということを意識して、しっかりと。水曜の時点で541キロ(前走時は530キロ)だったけど、きょう追ったことで530キロ台後半になるでしょう」とうなずく。ダービー5着の雪辱へ-。池添は「ダービーは自分の中では“悔しさ”しかない。ラスト1冠はぜひ獲りたい」と気合を入れていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス