文字サイズ

【ボート】峰&白井が児島キングカップV争いけん引 白井はG1で2連続優出中

 「児島キングカップ・G1」(25日開幕・児島)

 岡山県倉敷市の児島ボート・開設66周年記念が25日に開幕する。初日、2日目に実施されるWドリーム戦の1号艇は今年の賞金ランク上位をひた走る白井英治(2位)と峰竜太(3位)。強豪を迎え撃つ岡山勢は地元水面を知り尽くしたベテランが中心だ。

  ◇  ◇

 シリーズの中心はWドリーム組。特に初日キングドリーム1号艇の峰と、2日目ガァ~コドリーム1号艇の白井がV争いをけん引しそうだ。15、16、17年と3年連続で年間勝率1位の峰は今期も8点台後半の高勝率。SGの優出は3月浜名湖ボートレースクラシック(3着)のみだが、G1は6月下関周年、9月多摩川周年で優勝。4月当地G3戦では低調機を巧みに乗りこなし、2コース差しで優勝を決めている。中堅以上のエンジンを手にすれば、ターン力で他を寄せ付けないだろう。

 白井はSG、G1でコンスタントに活躍。64年ぶりのSG開催に沸いた6月徳山のグランドチャンピオンでは歓喜のVゴールを駆け抜け、地元ファンに大きな感動を与えた。8月のまるがめボートレースメモリアルでFを切り、ボートレースダービー(10月23~28日・蒲郡)後はF休み。昨年65周年(2着)、今年2月中国地区選(3着)とG1で2連続優出中の児島で賞金を上積みしたいところ。

 さて、地元勢では、児島10連続優出中の茅原悠紀はF休みのため不在。ドリーム出場の平尾、吉田を含む7人の少数精鋭で挑む。

 初日ドリーム戦に登場の吉田は7月若松オーシャンカップで優出2着。選考期間の7月末まで突っ走り、岡山勢でただ一人ダービー(10月23~28日・蒲郡)出場権を勝ち取った。地元での強さにも定評がある。

 ドリーム組以外では2月徳山周年で優勝し、8月まるがめメモリアルで優出2着と盛り返してきた笠原に注目。1月平和島周年、5月びわこMB大賞でG1、G2優勝、グラチャン優出6着の長田はメモリアル最終日のFが懸念材料か。若手世代では3月戸田周年Vの中田、今期高勝率の山田、上野の佐賀勢に、今年V5の松田、V4の塩田の福岡勢。当地V経験を持つ深谷、岩瀬らのスピード戦に期待が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス