文字サイズ

武豊あすにもJRA通算4000勝へ 土曜中山で1勝であと「3」に

22日の中山11Rをモズスーパーフレアで勝ち、JRA通算3997勝目を挙げてファンにサインする武豊騎手
1枚拡大

 前人未踏のJRA通算4000勝が迫る武豊騎手(49)=栗東・フリー=が、22日の中山11R・セプテンバーSで2番人気のモズスーパーフレア(牝3歳、栗東・音無)に騎乗し、鮮やかな逃げ切り勝ちを決めた。これで大台達成まであと3勝となった。

 さすがに第一人者の巧騎乗だ。好スタートを決めてダッシュ良く飛び出すと、迷いなくハナへ。前半の600メートルを33秒2と軽快なペースで飛ばしたが、直線に入っても勢いは衰えず、後続を3馬身半差引き離してフィニッシュ。「スタートを決めて内から何も行かなければ、自分で行こうと思っていた。気分良く走っていたし、直線半ばでこのまま押し切れるなと思いました。馬の状態も良かったみたいですね」と文句なしの完勝劇にさわやかなユタカ・スマイルがはじけた。

 最終12Rでも5番人気のデルマウオッカ(牡3歳、美浦・堀井)でゴール前で鋭く追い込み、惜しくも2着に敗れたものの華麗な手綱さばきでスタンドを大いに沸かせた。23日も引き続き中山で、11Rのオールカマーのダンビュライト(牡4歳、栗東・音無)をはじめ7レースに騎乗を予定。名手の一挙手一投足から目が離せない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス