文字サイズ

【ボート】毒島SG連続V 主役は譲れナイター!4勝すべて夜

 「ボートレースメモリアル・SG」(27日、まるがめ)

 史上最強のナイター巧者が、初日後半から7連勝で栄冠へ駆け上がった。1号艇の毒島誠(34)=群馬・92期・A1=が、鮮やかにイン逃げを決めて1着。優勝賞金3500万円を手にした。2着は笠原亮、3着は篠崎仁志が入った。毒島のSG制覇は7月のオーシャンカップ(若松)に続いて4回目。ナイターSGの3連続優勝、通算4回優勝は共に史上初の快挙。

 カクテル光線に照らされた水面で、またしても毒島の強さが際立った。初日1走目こそ3着に敗れたが、そこから7連勝。ライバルたちに付け入る隙を与えなかった。

 最後はインからコンマ11の的確Sで逃げ切り勝ち。足も強力で、1Mを先に旋回すると後続を一気に突き放した。それでも見た目以上に不安を抱えた優勝戦だった。「特訓から、かなり良くなかった。乗りづらさがあって3周を回るのに緊張した」と振り返った。まるがめは、13年に同じメモリアルでSG初優勝を飾った水面。プレッシャーから解放されて「選んでいただいた桐生ボートと、SG初優勝の舞台に恩返しできてうれしい」と勝利に余韻に浸る。

 昨年11月のチャレンジカップ(下関)、7月オーシャンカップ(若松)、そして今回と史上初のナイターSG3連続制覇。ナイターSG4冠も史上初だ。「何か1つでも初という称号が取れて良かった」と喜びをかみしめながら「たまたまナイターが重なっている。昼間のSGも獲りたい」と笑った。

 これで年間獲得賞金額は1億1127万8500円となり、トップに立った。グランプリ(12月19~24日・住之江)出場はもちろん、トライアル2ndのベスト6入りも当確。「これからも目の前のことを一走一走」と、気を引き締める夜の王者は、快進撃を続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス