文字サイズ

【エルムS】横山和、重賞初制覇 ハイランドピーク導いた 父・典弘も祝福

 父・典弘(右)からの祝福に笑顔を見せる横山和
 ハイランドピークの馬上でガッツポーズを決める横山和
2枚2枚

 「エルムS・G3」(12日、札幌)

 “ノリJr.”が魅せた。デビュー8年目、25歳の横山和生が2番人気ハイランドピークを勝利に導き、父・典弘、弟・武史の前でJRA重賞初制覇を決めた。34回目の挑戦での勝利に、「正直、馬に感謝です。自分のリズムで競馬ができました。厩舎スタッフがきっちり仕上げてくれたし、いい時に乗せてもらいました」と笑顔がはじける。

 全てが鞍上の思い通りに運んだ。3番手追走から、4角手前で逃げるドリームキラリに並び掛けると、直線半ばでかわし去り、悠々と先頭へ。ゴール後は、左手を真横に伸ばす父譲りのポーズで、スタンドのファンにアピールしてみせた。

 レース後、馬上から祝福の声を掛けた横山典は「良かったねえ。レースに一緒に騎乗し、ライブで見ることができたからねえ。ホント、うれしいよ」と父親の顔で長男のVに目を細める。三男の横山武は「やった!おめでとう」と兄に握手を求めて喜びを分かち合った。

 4歳馬ハイランドピークも、デビュー14戦目での重賞初V。土田師は「賞金がまだ足りないので何とも言えない」としながらも、「JBCとか、年末のG1を見据えていきたい」と方針を明かした。夏の北都で自信をつけた人馬が、猛者ぞろいのダートG1戦線に殴り込みをかける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス