文字サイズ

【天皇賞】ブラックVにサブちゃん冗舌「レコードを出すのは私の仕事なんですけどね」 凱旋門賞参戦にも前向き

声援に手を合わせて応える北島三郎オーナー=京都競馬場(撮影・石湯恒介)
2枚

 「天皇賞・春・G1」(30日、京都)

 北島三郎オーナーは、下馬した武豊騎手にいの一番に歩み寄ってハグ。春の盾連覇の喜びを全身で表した。従来のJRAレコードを0秒9も大幅に更新しての完勝。「“レコード”を出すのは私の仕事なんですけどね」。孝行息子の初のレコードVに感激もひとしおだ。

 凱旋門賞遠征については「かわいい息子を遠い空のかなたにやるのは寂しい気持ちもある。でも、これだけの応援があって、武さんが乗ってくれるなら。この道を歩んでいこうという気になった。きょうからフランス語を勉強しようと思います」と前向きに話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス