文字サイズ

【競輪】川崎で高木佑真生徒が報告会 デビュー後は「師匠に焼肉をごちそうしたい」

競輪学校116期生の高木佑真生徒(左)と白戸淳太郎
1枚拡大

 「アーバンナイトカーニバル・G3」(10日、川崎)

 ナイターG3開催中の川崎競輪で、日本競輪学校116期生の高木佑真生徒(19)と、師匠の白戸淳太郎(45)=神奈川・74期・S1=がトークショーを行った。

 競輪学校の夏帰省で川崎に戻っている高木生徒は「競輪学校の練習は苦しいけど、休日に同期と話して息抜きをして頑張っている」と話した。

 師匠の白戸との出会いについて聞かれると「すごく優しい。尊敬できる師匠です。いっぱいお世話になっているので、競輪学校を卒業して、デビューできたら、いつも一緒に行っている焼肉屋で、おいしいお肉をごちそうしたいです」とデビュー後の夢を語った。

 最後には「(来年7月のデビュー後は)成長した姿を見せられるように頑張りたい。応援よろしくお願いします」と愛きょうたっぷりのアニメ声で、大勢集まった地元ファンにあいさつをした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス