文字サイズ

近親良血ズラリ!モーリス初年度産駒は1億7000万円 ラスティングソング18

 モーリスの初年度産駒ラスティングソング18
1枚拡大

 「セレクトセール2018」の2日目当歳セリが10日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。注目が集まったのは18年初上場となった新種牡馬の産駒たち。ドゥラメンテ産駒の「アイムユアーズ18」が1億8000万円、モーリス産駒の「ラスティングソング18」が1億7000万円の高値で落札されるなど、高評価を得た(※価格は全て税抜き)。

 ドゥラメンテと同じ堀厩舎で活躍した15年度JRA年度代表馬モーリス産駒にも、1億7000万円の高値がついた。

 母ラスティングソングの当歳は四肢が全て白く、父にそっくりないでたち。落札者で(株)KTレーシングのマネージャーを務める国持義広さんは「馬っぷりが良くて、血統も良かったので。新種牡馬で期待している馬なので、活躍してほしいですね」と、近親にシュヴァルグラン、ヴィブロスなどがいる、同馬の2年後のデビューを楽しみにしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス