文字サイズ

最高額はディープ産駒2億9000万円 サトノが落札!リアアントニア18

 リアアントニア18の頭をなでる里見治氏
 今年の最高額で落札されたリアアントニア18(手前)
2枚2枚

 「セレクトセール2018」の2日目当歳セリが10日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。注目が集まったのは18年初上場となった新種牡馬の産駒たち。ドゥラメンテ産駒の「アイムユアーズ18」が1億8000万円、モーリス産駒の「ラスティングソング18」が1億7000万円の高値で落札されるなど、高評価を得た(※価格は全て税抜き)。

 おなじみの大物馬主が、この日最大の見せ場を作った。注目の良血馬「リアアントニア18」(牡、父ディープインパクト)を落札したのは、“サトノ”の冠名で知られる里見治氏(名義は(株)サトミホースカンパニー)。初日も合わせた今年最高額となる2億9000万円の値で決着のハンマーが下りた。

 里見氏は「どうしても欲しい馬だった。予算内で良かった」と満足顔だ。母がカナダの2歳牝馬チャンピオンだが、購入の決め手は「(サトノ)ダイヤモンドの当歳のセリ時と非常に似ている。ダイヤモンドの勝てなかったダービーを勝ちたい」。“サトノ”軍団のエースを担う存在として期待は大きい。

 同馬を預かる池江師は「毎週のように見に行って、行くたびに馬が良くなっていた。“ダービーを勝ちたい”という会長の目標にふさわしい馬」と絶賛していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス