文字サイズ

【平安S】グレイトパール、ダート新王者の座へ突き進む 猿橋助手「順調」

 上積みをアピールしたグレイトパール(奥)
1枚拡大

 「平安S・G3」(19日、京都)

 最大のテーマは反動があるか否か。11カ月ぶりだった前走のアンタレスSを制し、ダート6連勝としたグレイトパール。地力最上位であることは疑いようがないが、長期休養明けでの激走は、時として大きなダメージを伴うものだ。

 最終リハは16日、栗東CWで行われた。アイネバーフェイル(3歳未勝利)に0秒1遅れたものの、ラスト1Fは12秒2と鋭さを見せた。「反応が良くなっている。思いのほか反動もなく、順調に来ていますね」と猿橋助手の表情は明るい。ここに向けて問題なしとみていいだろう。

 2週続けてまたがった川田も「良くなってきていると思います」と確かな上積みを感じ取ったようだ。ダート無敗を貫き、新王者の座へと突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス