文字サイズ

【オークス展望】アーモンドアイVSラッキーライラック 追う角居勢3頭

賞金400万円の4頭(ウインラナキラ、ウスベニノキミ、ゴージャスランチ、シスターフラッグ)のうち抽選で3頭が出走 ※騎手は想定
1枚拡大

 「オークス・G1」(20日、東京)

 桜花賞をレースレコードで完勝したアーモンドアイが、12年のジェンティルドンナ以来となる牝馬クラシック2冠制覇を目指す。前走後はノーザンファーム天栄(福島県)へ放牧に出され、3日に美浦トレセンに帰厩。1週前追い切りでは、美浦Wでの併せ馬できっちり先着して好調ぶりをアピールした。一気の距離延長が課題となるが、強烈な決め手は東京コースでさらに生きるはず。逆転を狙うライバルたちに能力の違いを見せつける。

 桜花賞では1番人気に支持された2歳女王ラッキーライラック。正攻法の競馬で勝利をつかみにいったが、アーモンドアイの切れ味に屈した。秋の凱旋門賞挑戦を見据え、ここで逆転といきたいところ。桜花賞3着のリリーノーブルも争覇圏内。安定感は随一だけに、何とか食い下がりたいところだ。

 別路線組からは角居厩舎が3頭出しの攻勢をかける。サトノワルキューレはフローラSを後方から鮮やかに差し切った。強烈な決め手は侮れない。フラワーCを勝ったカンタービレは、桜花賞をパスして樫の舞台へ照準を絞った。スイートピーSを快勝したランドネは先行できる強みを生かしたい。

 忘れな草賞を鼻差でしぶとく制したオールフォーラヴも、距離延長はプラス材料と言えそうだ。桜花賞4、5着馬トーセンブレス、マウレアも軽視は禁物。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス