文字サイズ

【フェブラリーS】ノンコノユメ完全復活だ メンバー随一の切れ味で勝負

 内田博を背に美浦Wを軽快に駆けるノンコノユメ
1枚拡大

 「フェブラリーS・G1」(18日、東京)

 ノンコノユメは14日、内田博が騎乗して美浦Wへ。先行する僚馬2頭を見ながら単走で追われた。中2週と間隔が詰まっているため、タイムは6F84秒3-38秒5-13秒1と控えめ。それでも力強いフットワークで駆け抜け、状態の良さをうかがわせた。

 「前走後も、いい方向に持ってこられている。いい感じで追い切りができた」と鞍上も好調ぶりをアピール。根岸Sをレコードタイムで快勝したが、反動はなく高いレベルで体調をキープできている。

 3歳時の15年11月の武蔵野S制覇を最後に勝利から遠ざかり、復活へ向けて陣営の試行錯誤が続いた。明けて6歳となった前走の根岸Sで、これまでのモヤモヤを一気に吹き飛ばす快勝劇。今度はG1の舞台で完全復活を証明するだけだ。

 「前回はこの馬らしいところを見せてくれた。今回もその脚を見せてくれれば」と加藤征師は連勝へ期待を寄せる。はまったときの切れ味はメンバー随一。作戦は迷わず末脚勝負。府中の長い直線で再び豪脚がさく裂する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス