文字サイズ

【POG】トウカイパシオン 5馬身ぶっちぎり! 江田照「距離は短い方が良さそう」

 「新馬戦」(13日、中山)

 逃げた4番人気のトウカイパシオン(牝3歳、父ヨハネスブルグ、母トウカイポプリ、美浦・菊川)が押し切りV。二の脚の速さでハナを奪い、後続を5馬身ちぎった。

 母系にはトウカイテイオーを輩出したトウカイナチュラルがいる血統。江田照は「練習からスタートセンスがあった。上手に引っ張らずに行けた。距離は短い方が良さそう」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス