文字サイズ

【競輪】高木真備が巻き返しを誓う

立川競輪のイベントに登場した(左から)飯島淳、内藤高裕、高木真備
1枚拡大

 「鳳凰賞典レース・G3」(4日、立川)

 2018年のG3開幕戦が繰り広げられている立川競輪で、日本競輪選手会東京支部の飯島淳(41)=東京・78期・A1=、内藤高裕(29)=東京・96期・A1=、高木真備(23)=東京・106期・L1=がトークショーを行った。

 司会者に今年の目標を聞かれると飯島は「地元の立川競輪で優勝したい。来年のトークショーは(高木)真備のおまけにならないように」と笑いを誘い、内藤は「今年は30歳の節目の一年。赤い(S級)パンツを履きたい。来年の立川記念は選手としてバンクを走れるように頑張りたい」と意気込みを語った。高木は「昨年末の(ガールズ)グランプリ(4着)は悔しい結果になった。今年こそ優勝してファンのみなさんに恩返しがしたい」と巻き返しを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス