文字サイズ

長野五輪スピードスケート銅メダリストが逮捕 電車内で女性に体液をかけた暴行容疑

植松仁(競輪選手時代)
2枚

 愛知県警は30日、電車内で女性の足に体液をかけたとして暴行容疑で、長野五輪スピードスケートショートトラック男子500メートルの銅メダリストで会社員の植松仁容疑者(43)=岐阜県羽島市=を逮捕した。

 同県警によると、植松容疑者は今年4月14日午前8時ごろ、名鉄名古屋駅から知立駅に向かう名鉄名古屋本線の電車内で、乗客の女性(21)の右足甲に体液をかけた疑い。残った体液を調べたところ、植松容疑者が浮上したという。

 調べに対し植松容疑者は電車内で体液を出したことは認めているものの、「かけるつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 植松容疑者は1998年の長野五輪ショートトラック男子500メートルで銅メダルを獲得。その後2001年に競輪選手としてデビュー、10年に引退していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス