文字サイズ

【有馬記念】ボウマン落胆 シュヴァルグラン不利に泣き3着

 「有馬記念・G1」(24日、中山)

 シュヴァルグランは無念の3着に終わった。残り200メートル過ぎ、外から伸びてきたスワーヴリチャードが内側へ斜行。すぐ隣にいたため、勢い良く内へ押し込まれる不利を受けてしまった。

 ボウマンは悔しさを隠し切れない。「あれがなければ勝てたかは分からないけど、トップスピードに移ろうとしていた時だった。いったん減速してしまったから。また伸びているだけに…」とガックリ。友道師も憤まんやる方ない様子。「どうして審議にならないのか。あの不利が全て。勝った馬は強かったが、もう少し際どかったんじゃないかな」と顔を紅潮させる。

 来春は天皇賞(4月29日・京都)を最大目標に。鞍上は「コーナーの走りがぎこちなかった。広い東京や京都なら…。距離はもっとあっていい」と舞台変わりでのリベンジを約束。このうっぷんは春の淀で晴らす。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス