文字サイズ

【香港ヴァーズ】キセキ軽快に不安一蹴 岸本助手「状態は良さそう」

 「香港ヴァーズ・香港G1」(10日、シャティン)  

 一歩前進だ。左前脚と臀部に感染症が見つかり、他馬と隔離されて調整されていたキセキが、6日朝は他の海外組とともに登場し、AWコースをキャンターで1周半。軽快な動きに、岸本助手は「リラックスしていて状態は良さそうです」と不安を一蹴した。

 7日の最終リハにはM・デムーロが駆けつけ、芝コースで追い切る予定だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス