文字サイズ

【大阪杯】キタサンブラック新装G1初代王者 サブちゃん、愛馬の年内引退撤回

 記念写真に納まる(左から)清水久師、北島オーナー、プレゼンターの土屋太鳳、武豊
 堂々と横綱相撲で押し切るキタサンブラック(左)
2枚2枚

 「大阪杯・G1」(2日、阪神)

 これが年度代表馬の誇りと底力だ。武豊騎乗の単勝1番人気キタサンブラックが好位から鮮やかに抜け出し、G1昇格を果たした一戦で初代王者に輝いた。年内引退を示唆していた歌手でオーナーの北島三郎(80)も、愛馬の強さに思わず撤回を宣言。次戦は有馬記念で後じんを排したサトノダイヤモンドが待つ天皇賞・春(30日・京都)。リベンジを果たし、秋に描く海外遠征を現実のものとしていく構えだ。

 新たな歴史の1ページを刻んだのは、やはりこのコンビだった。1番人気のキタサンブラックが“G1昇格元年”で格の違いを見せつけた。

 年度代表馬として臨んだ今年初戦。これまで数々のビッグタイトルを手にしてきた武豊も、重圧から解き放たれ「自然と出た」と力強くガッツポーズ。前年比1・5倍を超える5万人近いファンが、大歓声とともに勝者を温かく迎え入れた。「負けちゃいけないという気持ちで、責任を感じていました。昨年、年度代表馬のタイトルも獲って、本当にファンの多い馬。勝ててホッとしましたね」

 信じる気持ちと緻密な戦略が勝利の扉を開いた。序盤は逃げ馬から離れた好位を追走。残り3F過ぎでゴーサインを出し、直線半ばで楽々と抜け出した。「思っていた展開になった。普通の馬なら仕掛けが早いけど、この馬ならと思った。後ろを待ち過ぎず、残り300メートルで先頭のイメージ。その通りに乗れた。後ろから差される雰囲気はなかった」。ライバル13頭を従え、堂々と4つ目のG1タイトルを手にした。

 見届けた清水久師も「鍛えたかいがありましたね」と破顔一笑。中間は栗東坂路で一日3本乗りなど、周囲の批判を承知で、あえてこれまで以上の負荷をかけて攻めの姿勢に徹した。「やってきたことは間違いでなかった。今までのG1で一番ホッとしました。2年連続の年度代表馬は、この馬にしかチャンスがない。そこを目指してやっていきたい」と言い切った。

 北島三郎オーナーも「強くなりましたね。この興奮は何回あってもいい」と優しい笑みを浮かべる。戦前は年内での引退も示唆していたが、力強くV発進を決めた愛馬の姿に、「引退はやめました。もう少し皆さんのためにも頑張ってほしい。来年も走ってほしい」と思わず“撤回”を宣言した。

 次は天皇賞・春の予定。有馬記念で首差2着に敗れた“宿敵”と激突する。「連覇を目指したい。サトノダイヤモンドとの再戦は盛り上がるでしょうし、いいレースをしたい。そこから大きな夢も広がっていくと思う」と武豊。国内最強を証明し、秋は海外へ。人馬はさらなる高みへと歩みを進めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス