文字サイズ

ファンディーナ皐月賞へ 牝馬69年ぶり快挙&ダービー視野

 フラワーCを圧勝し、無傷3連勝を決めたファンディーナ(左)
1枚拡大

 デビューから無傷3連勝でフラワーCを制したファンディーナ(牝3歳、栗東・高野)が皐月賞(4月16日・中山)に向かうことが25日、発表された。高野師は「オーナーから皐月賞に行ってほしいと要望があったので。馬の状態と照らし合わせてと思っていましたが、きょう乗った感じだと大丈夫そうですね」と説明した。

 鞍上は引き続き岩田。同馬は皐月賞へのクラシック登録がないため、追加登録料200万円が必要となる。その後は、結果次第でダービー(5月28日・東京)に向かう予定だ。

 過去に牝馬の皐月賞参戦は23頭いるが、グレード制導入の84年以降は、91年のダンスダンスダンス(5着)と14年バウンスシャッセ(11着)の2頭のみ。勝てば48年ヒデヒカリ以来69年ぶりの快挙だ。異例のローテーションを歩むことになり、師は「決まったのできっちりとやっていきたいです。G1ですから相手が強くなるのは間違いないですし、まずは無事に行ければ」と気を引き締めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス