文字サイズ

【ボート】第32代やまとチャンプは馬野耀 大阪支部12人目の卒業記念レースV

 優勝旗を手にする馬野耀(中央)。2着の佐々木完太(左)、3着の宗行治哉
1枚拡大

 「ボートレース第120期卒業記念競走」(17日、やまと学校)

 第32代やまとチャンプ決定戦は、生徒の親族、関係者約300人に見守られて行われ、2号艇の馬野耀(23)=大阪=が1周2M逆転で制した。大阪支部からの卒業記念優勝者は117期の小池修平以来12人目。2着は佐々木完太、3着には宗行治哉が入った。120期生27人(男子21人、女子6人)は5月にデビューする。

 馬野が120期トップの座を奪い返した。リーグ戦最終戦(6戦)の事故(転覆)で、勝率1位の座を明け渡しても諦めてはいなかった。卒業記念の優勝戦は2号艇。「2号艇が決まってからは、2コースの練習をたくさんしてきました」。訓練生活の集大成で最高の結果を残した。 レースは、1号艇の佐々木が遅れ気味のSから1M先マイ。2コースからまくった馬野はバック3番手。次の2Mが圧巻だった。「自分の中での一番のターンができた」。冷静な判断で最内を差すと、ホームでは完全に抜け出してVゴールを駆け抜けた。 指導教官への感謝を優勝で形にした。「師と仰ぐ荘林(幸輝)教官が、19回も優出しながら獲れなかった“SG”を獲りたい。そして、SGと獲ったことを荘林教官に報告に行く」。デビュー後は、師匠をしのぐ活躍で恩返しするつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス