文字サイズ

【神戸新聞杯】ノブレス瞬時に加速!

 「神戸新聞杯・G2」(22日、阪神)

 まさに矢のような伸び。サトノノブレスが19日、力強い脚さばきで好調をアピールした。最終リハは岩田を背に、栗東CWで3頭併せ。トゥザグローリー(6歳オープン)、サトノデプロマット(3歳未勝利)を追走し、4角で最内から並びかける。ラスト1Fで鞍上の左ステッキが飛ぶと、瞬時に加速し、パートナーを置き去りに。ゴール前でもう1発、気合を注入されてフィニッシュした。

 僚馬2頭に0秒4先着し、6F82秒0‐37秒7‐11秒6を計時。岩田が「反応が良くなっていた。体に芯が入った感じがする」と好感触をつかめば、見届けた池江師も「前をつかまえてからスッと伸びていた」と合格点を与えた。

 うっぷんを晴らしたい。若葉S3着、青葉賞4着。春はクラシックの舞台を逃したが、ひと夏を越して着実に成長した。前走の1000万下特別は首差の2着。休み明けで、古馬と初対戦だったことを考慮すれば、十分に胸を張れる内容だ。

 「前走は力を示せたと思う。春はソエを痛がっていたし、腰も緩かったけど、今は良くなっていますよ。休養明けの馬に比べて、今回は使った強みもある。何とか権利を獲りたいね」と指揮官は腕まくり。持ち味の鋭脚で1強ムードを打ち破る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス