文字サイズ

歌とコントで勝負する「つぼみ大革命」イブのワンマンライブで21年躍進に自信

 アイドルグループ・つぼみ大革命が、20年12月24日に4年ぶりとなるなんばグランド花月でのワンマンライブ「夢でもみなきゃやってられない」を開催した。20年1月から4月にかけて行われる予定だった全国ツアーは、新型コロナウイルス流行の影響により6公演中4公演が中止に。メンバーから「今年はもう有観客でライブはできないかも」という声が出るなど今回のワンマンライブについても不安視されていたが、会場の感染防止対策を強化したことで無事開催にこぎつけた。

 ライブは10月7日にリリースされたつんく♂プロデュース楽曲「逆襲のYEAH!」から意気揚々とスタート。「つんく♂さん見てる~?」「見てないやろ!」などと絶好調の掛け合いを見せ、また定番のコントコーナーではザ・プラン9のお~い!久馬が脚本を手がけたオリジナルコントを披露。会場を笑いの渦に巻き込み、つぼみ大革命らしい「新感覚コミックアイドル」の本領を発揮した。

 MCコーナーで披露された2つの発表もファンを沸かせた。まずは今年2月14日の結成10周年記念フォトブック「PHOTOBOOK DAIKAKUMEI」発売。「つぼみ結成初の写真集です!普通の写真集だと思ったら大間違いですよ。“つぼみ大革命の写真集”と思えば(笑)楽しめる内容になっていると思います!」と、メンバーの吉岡久美子は嬉しそうにファンに呼びかけた。

 もう一つは3月3日の2ndアルバム「最強つぼみDX」リリース。同アルバムにはグループ名改名後のシングル「走り出せ希望」以降の楽曲に加え、新バージョンの「Overture」や新曲「Viva!人類」「2人だけのStory」「ぷにゅ」の3曲が収録されるが、特に注目されるのは大阪出身のシンガーソングライター・コレサワが作詞作曲を手がけた「ぷにゅ」。キュートな片思いソングでありながら、「うちじゃあかんかな?」などつぼみ大革命らしい関西弁の歌詞も組み込まれた意欲作だ。

 会場には、コレサワから「お肉をつまむ“ぷにゅ”をイメージした曲になっています。好きな男の子のために、女の子がもじもじしてる感じの気持ちを歌いました」というコメントムービーが寄せられ、メンバーも「女の子の恋愛を描くのがお上手なコレサワさんに作って頂き、つぼみ大革命にとって今までにない曲になっています。楽しみにしててください!」と応じた。

 ライブのラストはリーダーの杉山優華が「私たちは来年もその先も、みんながいる限りライブし続けます。4年前もここで最後に歌ったこの曲を、気持ちを込めて歌います。」と前置きした上で、1st single「ありがとうはほんの気持ちだよ」を歌い締めくくった。メンバー達のファンへの想いがあふれる感動的なラストソングだった。

 終演後、今回のライブや今後の抱負について彼女たちにインタビューした。

 青島ほなみ(以下「青島」):4年ぶりのNGKでのライブ、前回と変わったと思うことはありますか?

 岡本りん:1番強く思うのは「やりたいけどセットリストに入れられない曲が多い」ということです!4年前は、ある曲全部つめこんでやっと時間埋まるくらいでしたが、今回は泣く泣く外した曲もたくさんありました。私のセンター曲「TE・U・RI」も、4年前のNGK成功のためにがむしゃらにチケット手売りしはじめたことがきっかけで生まれた曲と言っても過言では無いので、いつか連れて行ってあげたいです!

 青島:つんく♂プロデュース楽曲「逆襲のYEAH!」をNGKで歌ってみてどうでしたか?

 松下千紘:この曲の歌い始めが「夢でも見なきゃやってられない」って歌詞なんですけど、リハで初めてNGKのステージで歌わせて頂いた時、2階席まである広い客席を見て「夢見てきて良かったー!」って胸が熱くなって目が潤みました。本番ではその客席にサイリウムを持ったファンの方や配信カメラが目の前でキラキラに輝いていて「まだまだ夢見るし、夢を見せるからね!」ってメラメラに心が燃えました!

 青島:つぼみ大革命として、どんな2021年にしたいですか?

 杉山優華:グループ名に入っているように「大革命」を起こしたいです!なんだこのグループ…!ってみんなに衝撃を与えられて元気をあげられるようなグループになりたい。売れたいです!

………………

 歌とコントを両輪に大躍進を遂げるつぼみ大革命。今後の更なる「最強DX」っぷりに期待したい。(青島ほなみ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス