文字サイズ

トミーズ雅 顔が巨大化の理由 新型コロナ感染でステロイド投与の副作用「パンパンに」

 漫才コンビ・トミーズの雅が23日、MCを務めるMBS「せやねん!」に出演し、最近、以前に増して顔が大きくなっている理由を説明した。

 雅は8月末に新型コロナウイルスに感染し、肺炎の症状を患った。「肺炎を治す薬がステロイドで、これがすごい。飲むだけで肺炎が治るんです。完全に治ってきているんですけど、その薬には副作用がある。その一番大きいのが、顔がパンパンになるという。そんな副作用、聞いた事ある?」と話した。雅はもともと、顔が大きいことをネタの1つにしてきたが、副作用のむくみによってさらに大きく見えているという。

 医師から副作用の説明を受けた時を振り返り「最初は笑ってたのよ。先生に『顔パンパンになりますから』って言われて、それはそれで面白いからいいですよと言ってて。でも先週とか先々週、友達から連絡が来るのよ。『お前、顔どうしてん。顔、パンパンやで』って。申し訳ない。ホンマにでかいんですよ。人が笑わなくなってきたんです。笑う限界を超えたんやろな」と、周囲が心配するほど顔が大きくなっているとした。

 その上で「すみませんが副作用なので、何カ月かたったら治ると思いますので」と、副作用によるものだと断りを入れた。アキナ・秋山賢太が「心配している方、多いと思いと思いますから」と、雅の顔が大きくなっていることを不思議に思う人も多いと推察。

 同局の山中真アナウンサーが「雅さんの場合は笑いにしてくださっていて、薬ですからそれで苦労されている方もいらっしゃるかもしれませんが、こうして周知していただいて」と、むくみは副作用の一種で、仕方ないものだと説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス