文字サイズ

羽鳥慎一 菅首相答弁に「尾身さんにきっともう相談はしないんだろうな」

 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」が8日、菅義偉首相が7日の参院決算委員会で東京五輪・パラリンピック開催可否の判断基準を示すよう追及されても「国民の命と健康を守っていく、これが開催の前提条件」と繰り返すだけだったことを取り上げ、羽鳥慎一は「基準出せないんでしょうね。あとはやっぱり尾身さんの言うことはきっと聞かないんだな、きっともう相談はしないんだろうな」などと推察した。

 番組では、菅首相が大会開催の条件を「世界から選手が安心して参加できるようにするとともに国民の命と健康を守っていく、これが開催の前提条件であります。前提が崩れればそうしたこと(五輪)は行わないということです」と答弁し、その後は野党からその判断基準を示すよう言われても「国民の命と健康を守るのは内閣総理大臣たる私の仕事である」「国民の命と健康を守るのが私の責任だと。守れなければ(五輪を)やらないというのは当然のことじゃないでしょうか」などとしか答えなかったことを伝えた。

 元フジテレビアナウンサーで弁護士の菊間千乃氏は「具体的にどうやって安心と安全を守ってるのか、命と健康を守ってるんですかと聞かれた時に答えられないところをみると、最初っから基準を作ってしまうと基準に満たなかった場合にオリンピックを開催しないという決断を少なくとも日本としてはしなければいけないと。それができないから、もう最初っからオリンピックやるありきで話は進んでいるから基準を出さないというふうに見えてしまう」と指摘。

 キャスターの羽鳥慎一も「基準出せないんでしょうね。基準は国民の命と健康を守ることである、それが基準である。だからそのためにはどういう具体的な例えば数字的な基準なんですかと聞いても、おそらくずーっとこの答えなんでしょうね」と同意。

 さらに、ここに来て菅首相が政府分科会への諮問を全くしなくなったこともあり、同分科会の尾身茂会長が大会開催のリスクを連日訴えていることにも触れ「あとはやっぱり尾身さんの言うことはきっと聞かないんだな、あんまり刺激しないように『さまざまな角度から相談はしている』とは言ってますけど、まあきっともう相談はしないんだろうなというところはあると思います」と見通した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス