文字サイズ

峯岸みなみ「心がイケメンの人を引き当てたい」 AKB最後の1期生、卒業後の思い語る

 22日に横浜市のぴあアリーナMMで卒業コンサートを開くAKB48の峯岸みなみ(28)がこのほど、デイリースポーツなどの取材に応じた。2005年12月8日の劇場デビューから約15年半。最後の1期生として活動を続けてこられた要因のひとつに13年の“丸刈り騒動”を挙げた峯岸。卒業後は「心がイケメンの人を引き当てたい」とちゃめっ気たっぷりに笑った。

 19年12月の卒業発表から約1年半。コロナ禍で延期となっていた卒業コンサートが迫ってきた。節目の日まで1週間を切り「紆余(うよ)曲折してコンサートができる。やっとだなという気持ちと、あんなに望んでいた割に、近くなるとさみしくなるものだなと思いますね」と感慨深げに心境を口にした。

 在籍日数は5600日を超える。山あり谷ありの15年半。最後の1期生として活動を続けてきた理由のひとつに、13年の“丸刈り騒動”を挙げた。国内外で波紋を呼んだ前代未聞の謝罪。その後、研究生に降格した。「つらかったですね」。在籍中、最も逆風にさらされた時期だった。

 「あそこで辞めなかったからこそ、自分の卒業のタイミングにこだわれたと思っていて。あんなことがあっても辞めなかったんだから、中途半端な気持ちで逃げるように辞めちゃいけないって思ったんですよね。あれよりつらいことはないだろうって気持ちでここまで頑張れたというのはあるかなと思います」

 辞めずに残ることを受け入れてくれたファンのため、卒業のタイミングを模索した。気づけば周りは年下ばかりになった。グループ創設から絶頂まで駆け上がった自らの10代。そこと重ね合わせ、今の10代への“物足りなさ”も感じている。

 「みんな物わかりがいい。現状に反発しないというか、こういうものなんだろうなという、すぐ受け入れているような感じがする。私が若かった時はわがままで感情的で悔しがったり悲しがったり起伏が激しかった。もっと歯向かったりする気持ちがあっても面白いのかなと思います」

 次代を担う後輩たちを思う言葉に、力がこもった。卒業コンサートのテーマは自分だけではない。「起爆剤のようなコンサートにしたい。AKBのことをちゃんと考えているんだなというのが伝わるはずなので、ファンの方の反応も楽しみです」と思いをはせた。

 卒業後の次のステージ。篠田麻里子(35)や板野友美(29)、15日には河西智美(29)が結婚を発表するなど先に旅立った“戦友”は新たな幸せを見つけた。「ホントにあるんだねってリアルに感じるようになった」。自身の結婚については「30歳ぐらいまでにできたらいいな」と青写真を披露した峯岸。好みのタイプを問われるとちゃめっ気たっぷりな笑顔を見せた。

 「皆さんご存じのようなイケメンが好きなんですけど、もうこういう年齢にさしかかってますから。顔だけで選ぶようなことはしちゃいけないんだなっていうのもすごく分かってますし。タイプを聞かれればイケメンですけど、一緒になる人はそういう人じゃない。心がイケメンな人をちゃんと引き当てたいなって思います」

 色紙に卒業後の思いを一文字で「輝」としたためた。喜怒哀楽すべてを爆発させた15年半。卒業を目前にした峯岸の表情は、輝くように明るかった。

 ◆峯岸みなみ(みねぎし・みなみ)1992年11月15日生まれ。東京都出身。05年に1期生としてAKB48入り。選抜総選挙の最高位は10、12年の14位。11年のじゃんけん大会で3位。13年1月31日に自身の異性スキャンダルが報じられ、丸刈りにして謝罪。翌2月1日付で研究生への降格処分を受ける。同8月に正規メンバーに復帰し、チーム4のキャプテンに就任。17年4月に小嶋陽菜の卒業に伴い、最後の1期生メンバーとして活動。19年12月に卒業を発表し、21年5月に卒業コンサートを行う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス