文字サイズ

元AKB板野告白 前田のセンター不満

1枚拡大

 元AKB48でタレントの板野友美が19日、日本テレビ系のバラエティー番組「行列のできる法律相談所」に出演し、同じく元AKBだった前田敦子がセンターだったことに納得がいかなかったことを明かした。

 番組では「本音を言えば大嫌い?いやーなあの人と今夜決着を付けます」と題し、MCの東野幸司が板野に「そういう人はいましたか?」と質問。

 板野は「ライバルがだれとかはないけど。みんながライバルだったから、競争してる感じはあった」とグループに在籍していた当時を振り返った。

 東野から「センターで歌いたいというのはあった?」と聞かれると、「デビュー当時はあった。敦子がセンターになるって聞いて、『なんで敦子がセンターなんだろう』って思った。それを(態度に)出しちゃう」と話し、前田がセンターに選ばれたことに、簡単に納得がいかなかった心情を語った。

 板野はまた、「初めのころはみんな中学生だったけど。段々みんな大人になって…」と話し、時間の経過とともに考え方も変わっていったことを明かした。

 放送後、板野はツイッターで「(前田とは)今でもめちゃ仲良しですよー♡」と心配したファンにつぶやいた。「昨日もカラオケ行ったし♡敦子大好き」と現在は仲良しであることを訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス