文字サイズ

西川弁護士 元婚約者「言った覚えない」発言に「小室さんの論拠が結構怪しくなってきた」

 フジテレビ系「バイキングMORE」が15日、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんの母親と元婚約者の間の“金銭トラブル”で、この日発売の「週刊文春」(4月22日号)が小室さんの説明と食い違う音声データの存在を明かしたと伝え、「弁護士法人・響」代表弁護士・西川研一氏は「小室さんが一貫して一つの論拠としてきた『返してもらうつもりはなかった』発言というのがあったんだというのが、結構怪しくなってきた」と話した。

 番組では、元婚約者が小室さんの母親に「返してもらうつもりはない」と話した2012年9月13日から11カ月後の2013年8月6日、話し合いのため元婚約者の元を訪れた小室さんと母親に対し「最初から『差し上げます』と言った覚えは僕は一言もない」と、元婚約者自身がその発言を否定する音声データがあったという記事を紹介。

 小室さんは8日に公表した28ページの文書の中で、元婚約者自身が「返してもらうつもりはない」と明言したと指摘し、音声データもあると説明。12日には代理人弁護士を通じ、元婚約者に解決金を渡して問題を解決したいという意向を明かしていた。

 小室さんの説明を覆すような今回の報道に、西川氏は「非常に大きく動いてきたなという印象」とし、「小室さんがずっと根拠にしていた『返してもらうつもりはなかったんだ』っていう音声データ、これは一部分を切り取ったような印象で、やはり前後関係であるとか、その後の両者の発言や行動を見ないと判断できないというところだったが、それを裏付けるようなそれ以外の部分の証拠っていう形で出てきた」と指摘。

 「今回こういう報道が出てきて、録音データが出てきたっていうことは、やっぱり小室さんが一貫して一つの論拠としてきた『返してもらうつもりはなかった』発言というのがあったんだ、というのが結構怪しくなってきた」と捉えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス