文字サイズ

V6・岡田准一の主演映画「ザ・ファブルー」 世界的歌姫の奇跡コラボ曲が主題歌に決定

 V6の岡田准一(40)主演映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」(6月18日公開)の主題歌が、米歌手レディー・ガガ(35)とアリアナ・グランデ(27)の「Rain On Me(レイン・オン・ミー)」に決まったことが4日、分かった。2人の歌姫が奇跡の初コラボレーションを果たした世界的大ヒット曲。グランデの楽曲が初めて日本映画の主題歌として起用されることになった。

 シリーズ前作の「ザ・ファブル」では、ガガが日本映画に初提供した「Born This Way」を主題歌としたが、今作では、グランデとの豪華歌唱が物語を彩る。昨年5月にリリースされ、全米・全英シングルチャート共に初登場1位を記録。総ストリーミング再生回数は12・5億回超、YouTube再生数も2億8000万回を突破。第63回グラミー賞最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞した。

 「降り注いでくるのは苦しみの雨」「覚悟はできている、どうぞ降って」と力強く歌う2人の歌声が、映画のテーマとも深く共鳴する。過去の事件で両親を亡くし心を閉ざした車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈=19)が、殺し屋のファブル(岡田)、ヨウコ(木村文乃=33)と関わることで少しずつ変化を見せていく、そんなストーリーと世界観がリンクしている。

 またミュージックトレーラーも初解禁され、「Rain-」のアップテンポなサビが流れる部分では、団地1棟を丸々使った大規模なアクションシーンを展開。足場が崩壊する中でファブルが驚きのスピードで駆け抜けていくカットは、岡田本人が危険を顧みずに挑んだ、見どころのひとつとなっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス