文字サイズ

日テレ「スッキリ」冒頭で謝罪 アイヌ民族巡る不適切表現に「認識が不足していた」

 12日の放送でアイヌ民族に対する不適切な表現があったとして15日、日本テレビ系「スッキリ」の冒頭で水卜麻美アナウンサー、お笑いコンビ・極楽とんぼ、加藤浩次らが謝罪した。

 水卜アナは「まずは番組からお詫びをさせていただきます」と口火を切り、「先週金曜日の『スッキリ』で、アイヌ民族の女性をテーマにしたドキュメンタリー作品を紹介しました。それを受けての放送の内容について、アイヌ民族の方々を傷つける不適切な表現がありました。制作に関わった者にこの表現が差別に当たるという認識が不足していて、番組として放送に際しての確認が不十分でした。その結果、十分な正しい判断が行われないままアイヌ民族の方々を傷つける不適切な表現で放送してしまいました。日本テレビとしてアイヌの皆様、並びに関係者の皆様に深くお詫びを申し上げるとともに、今後の再発防止に努めてまいります」

 続けて「そして、アイヌ民族の方々の歴史や文化を深く理解して広く伝えていくための取り組みを進めてまいります。なお、『スッキリ』の当該コーナーに関しましては、当面の間、休止とさせていただきます。改めまして本当に申し訳ありませんでした」とお詫びの言葉を述べ、深々と頭を下げた。

 加藤も「さらに僕自身もですね、北海道出身という立場にありながら、オンエアがあった時、即座に僕自身が対応できなかったこと深くお詫びしたいと思います。さらにスタッフともども、こういったことをしっかり理解して…若いスタッフもいます、そういった人間も含め、全員でこういった問題に取り組んでいく。そして理解を深めていく。そういうことを我々はしていきたいと思います。今回はアイヌ民族の方々、本当に申し訳ありませんでした」と陳謝した。

 12日放送の番組では、アイヌ民族のドキュメンタリー作品を紹介する際に、お笑い芸人の脳みそ夫が差別的ともとられる謎かけを披露していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス