文字サイズ

フット後藤輝基の死に神ぶりに松本人志「こわっ」共演者が続々と消える

 お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基が5日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、自身の死に神ぶりを嘆いた。

 この日は、出演者が実際にお酒を飲みながらトークする「人志松本の酒のツマミになる話」。写真誌などによるスキャンダルのターゲットにほとんどなったことがないという後藤に、ダウンタウンの松本人志が「不倫してないの?」と直球を投げ込んだ。

 「やってたとして、ここで言うの?」と返して爆笑を誘った後藤だが、身近な共演者が次々とターゲットになり、活動休止するなどしている実情を語った。巨人・桑田真澄コーチの次男でタレントのMattが「心配してます。後藤さんて、周りの人がいろいろ問題起こしてる」と振ると、後藤も「色んな人がテレビに出られなくなった」と同意した。

 さらに、タレントの東野幸治から冗談半分に「死に神」と呼ばれていることも告白。「(雨上がり決死隊の)宮迫(博之)さんもそうですし、(チュートリアルの)徳井(義実)もそうですし、(アンジャッシュの)渡部(建)さんもそうですし。一緒にレギュラーやってる人がどんどんいなくなってる」と続けると、松本も「ホンマや…こわっ」と表情を曇らせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス