文字サイズ

上西小百合、吉村知事のイソジン発言を批判「いきあたりばったりすぎる」「言葉遊び」

 元衆議院議員でタレントの上西小百合が5日深夜、ツイッターに連続投稿。大阪府の吉村洋文知事がポビドンヨードを含むうがい薬が新型コロナウイルスの感染拡大防止に有効だとする発言をした上で、その後の指摘に対して釈明したことも含め、「言葉遊びで責任から逃げないで」「いきあたりばったりすぎる」などと批判した。

 上西は「吉村大阪府知事のイソジン発言。批判を受けて『予防効果があるということは一切ないし、そういうことも言ってない』と釈明したけど、じゃあなんで昨日(編集注・4日)の会見でわざわざイソジン並べて推したんだか。その影響で医療現場からも“消毒液が足りなくなるんじゃないか”という声が上がり混乱している」と問題視した。

 さらに、上西は「過剰なヨード摂取が甲状腺機能低下を招く可能性を適切に明確に伝えていないのも大変な問題」と指摘。「きっとイソジンを買った人達は一日に何回もうがいをする。吉村さんの“新しい事を言ってみた”だけの下らない会見のせいで。『感染防止への挑戦』ってなんなの。言葉遊びで責任から逃げないで」などと糾弾した。

 その上で、上西は「“黄信号パート2”の件といい、“雨合羽収集”の件といい、無責任すぎ。自治体の長の言葉がこんなに軽いものであっていい訳がない」と断罪。「大阪府民はこんな舵取りで不安にならないのかな。私は不安で不安で仕方ないし、いきあたりばったりすぎる吉村府知事の言葉がもはや信用できない」とした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス