文字サイズ

藤井七段の「読んでない手」に永瀬二冠「対応できなくなった」

 将棋の藤井聡太七段(17)が4日、東京・将棋会館で行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦で、永瀬拓矢二冠(27=叡王・王座)に勝利。17歳10カ月20日の史上最年少でのタイトル戦挑戦を決めた。

 藤井七段に敗れ、三冠への挑戦権を逃した永瀬二冠は、終局後のインタビューで「判断が難しかった」と二転三転した熱戦を振り返った。先手番となり、相掛かりに誘導したのは「用意していた作戦」という。狙いが奏功して中盤では優位に立ったが、「3六銀と打たれたところで対応がわからなくなった。読んでない手を指されて対応が出来なくなった」と1時間を超える長考に沈み、そこからは劣勢に。無念の敗戦に、感想戦でも疲れ切った様子だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス