文字サイズ

小倉智昭 やらせは「なかったと信じている」テラハ打ち切りでフジへ徹底調査望む

 キャスターの小倉智昭が28日、フジテレビ系「とくダネ!」で、打ち切りが発表された同局の恋愛リアリティ番組「テラスハウス」について「極端なやらせはないだろうと信じているんですが…」と語り、今後フジテレビは徹底調査をして視聴者に知らせることが必要と訴えた。

 小倉は大のテラスハウスファンであるといい、これまでもほとんどのシリーズを見ているという。それだけに今回の木村さんの急死はショックを受けており「女子のプロレスラーという初のキャラクターで登場して、とっても初々しくて純真なお嬢さんでね、今まで恋もしたことのないような、男の人と話しても照れてしまって話にならないような、そんな感じのかわいらしいお嬢さんなんですよ」と木村さんの人柄を熱弁した。

 古市憲寿氏が、テラハを含めたリアリティショーについて、編集などで出演者のイメージを変えることができてしまうことを指摘すると、小倉は「テラスハウスって、以前にだいぶ前のシリーズでもやらせじゃないかってことを言われて、一時、それに対して番組収録をやめて、次に入るまで時間をかけたりしたんですね」とコメント。

 「だから、そういうことに関しては、担当者が敏感になっていると思うんで、極端なやらせとかはないだろうと信じているんですが…」とも語った。

 28日午前の時点では、木村さんの死の詳細については明らかにされておらず、番組制作内でどのようなことがあったかは説明がなされていない。小倉も「今後、フジテレビがやることは、徹底的に調査をして、なんでこういう結果を生んでしまったのかというのを見ている人にもお知らせして欲しい」と訴えた。

 そして木村さんへ「テラスハウスを見ていた人は、本当に死を悼んでいるし、好きでたまらなかったという人も大勢いる。改めてご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス