文字サイズ

三浦瑠麗氏 政府の早い対応に「誹謗中傷受けたが…言論統制につながること反対」

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が26日付でツイッターに新規投稿。高市早苗総務相が同日に女子プロレスラー木村花さんの急死に関連し、ネット発信者特定への制度改正検討を打ち出したニュースを取り上げ、「私は数えきれないほどの女性憎悪を浴び、誹謗中傷を受けてきました」としたうえで、持論を記した。

 規制強化が行われればネットニュースのコメント欄すら成立しなくなるとし、「何をヘイトや中傷とするのかの判断は極めて難しいはずです」とした。

 「本来、この議論はユーザーがなるべく不快なものを見ないような方向でプラットフォーム側が自助努力をしてきたはずです」と指摘。「公人でなくともいじめのLINEやチャットもあれば、オンラインでない誹謗中傷もある。世の中には名誉毀損で訴えるという手段もあります。言論統制につながることには反対です」と記した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス