文字サイズ

復帰のクドカン 初期に高熱でアビガン投与「段々熱下がった」…最初は背中の痛み、熱乱高下

 新型コロナウイルスに感染し、療養していた俳優、脚本家の宮藤官九郎が20日、レギュラー出演しているTBSラジオ「ACTION」に電話で出演した。宮藤は7日に退院。自宅での経過観察を続けていた。「大変な病気でしたね」と振り返り、「僕の不注意でした。申し訳ありませんでした」と謝罪した。同番組は3月30日から欠席し、今月13日はメッセージを寄せていたが、肉声が流れるのは感染公表後初。

 宮藤は3月31日に感染を公表。入院して治療を受けていたが、4月7日に退院していた。この日で自宅での経過観察の2週間が終わったという。

 入院中は、治療薬の有力候補として注目を集める国産の新型インフルエンザ薬「アビガン」を投与されたことなど、発症から治療の経緯を生々しく伝えた。

 最初の自覚症状は「風邪とも腸炎とも違った」といい、背中が痛く、「熱が上がったり下がったり」を繰り返したという。

 電話してから病院に行ったところ、病院での検温では熱が下がっており、「腎盂炎」と診断されたが、どうも違うということになり、別の病院で保健所に連絡してくれ、2日後にPCR検査ができたという。

 「入院した日に熱がすげえ上がった」ため、「アビガンを飲みました」と説明。医師によると、初期に投与できたことがよかった、といい「そこから6日ぐらいでだんだん熱が下がった」と闘いを振り返った。「味覚も普通にあった。(この病気に)ルールはないんですね」としみじみ語った。

 また、「謝らなくていい、と言われてるんですけど、それでも家族とか周りとかに迷惑をかけた」と話し、「僕の不注意でした。申し訳ありませんでした」と謝罪もしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス