文字サイズ

橋下徹氏 進次郎環境相は「今は0点」 福島原発の汚染水解決へ「大阪湾に放出して」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が14日、カンテレ「胸いっぱいサミット!」にパネリストとして出演し、環境相に就任した小泉進次郎氏について「今の段階は0点」と評した。

 小泉氏に期待しているという橋下氏は「若手政治家がどんどん日本から育ってもらって。東の小泉さん、西の吉村(洋文)大阪府知事。ここが切磋琢磨していってほしい」と要望した。しかし「残念ながら今の小泉さんの段階は0点。国会議員の時はみんなに拍手喝采を受けることを言っていればよかったが、大臣は実際に実行しないといけない」とクギを刺した。

 環境省最大課題のひとつに福島第一原発の汚染水問題を挙げ「福島に原発から出た汚染水がタンクにたまっている。どう考えても、汚染水は処理して海に放出しないといけない。これは環境省としてしっかり調べていけば最後はその選択肢しかかない」と力説。「すぐに福島に放出しろと言う必要は無いが、『前の大臣の発言は問題だった』とか、『福島の人に寄り添って』とか、それはいい言葉だが、じゃあ水はどうすんの?と。『それは所管外だから』と逃げちゃう。小泉さん、時間がなかったのか、自分がこうしたいというのがない。若い人たちに頑張ってほしいからこそ、人気を気にせず政治をやってもらいたい」と話した。

 汚染水処理の問題については「今は環境基準より下回った状態になりつつある。処理して海に放出するしかない。僕は福島の海に放出するだけでなく全国の海、それこそ大阪湾に放出してもらいたい」と発言。「大阪は東北の震災がれきを安全確保して引き受けた。吉村さんは、もし小泉さんから大阪湾で放出してくれないかと言われたらのむ。この2人が福島の水問題を解決できるキーマンだけど小泉さんは逃げちゃった」と指摘した。

 パネリストの政治学者・中林美恵子氏が「日本の中で解決できても韓国も言ってくるかも」と疑問を呈すると、橋下氏は「韓国も流している。福島の物質の8~10倍の水を流している。世界的に原発はそういう水を海に流している。日本は神経質になっているが、だからこそ小泉さんが、世界はこうなっていて、海に流していますよ、と説明してほしかった」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス