文字サイズ

五木ひろし 「四つ目の名前で成功しました」…五十五周年「感謝の饗宴」

歌手生活五十五周年「感謝の饗宴」を開催した五木ひろし=ザ・プリンスパークタワー東京
歌手生活五十五周年「感謝の饗宴」を開催した五木ひろし=ザ・プリンスパークタワー東京
歌手生活五十五周年「感謝の饗宴」を開催した五木ひろし=ザ・プリンスパークタワー東京
3枚

 歌手の五木ひろし(71)が5日、都内で歌手生活五十五周年「感謝の饗宴」を行った。来客者は500人を超え、元首相の森喜朗氏(82)と小泉純一郎氏(77)が祝辞を述べ、歌手の北島三郎(82)が鏡開きの音頭を取った。

 五木の歌手生活は1964年に「第15回コロムビア全国歌謡コンクール」優勝でスタート。ヒット曲に恵まれず、苦しい時代もあったが、1971年の「よこはま・たそがれ」の大ヒットをきっかけにスターの座に上り詰めた。

 五木は「昭和49年に四つ目の名前で成功しました。10週勝ち抜く『全日本歌謡選手権』が人生の大勝負でしたね。あれなくして今の僕は語れない」と振り返った。歌手という“夢”に背中を押し続けてくれた母にも「他界して17年になります。きょうも天国から“おめでとう”と言ってくれていると思います」と感謝した。

 会では歌手生活の原点となった「初恋ながし」を皮切りに、「よこはま・たそがれ」などの代表曲をメドレーで。新曲「和み酒」も披露。五木は55年の歌手人生を「五木ひろしになってからは速かった気がします。これからも目標を持ってチャレンジを続けていきたい」と誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス