文字サイズ

堀尾正明の不倫疑惑報道、妻が手紙で「今回ばかりは優しさの度が過ぎた」

堀尾正明
1枚拡大

 元NHKのフリーアナウンサー堀尾正明(64)が20日、レギュラー出演しているTBS系の生番組「ビビット」で、一部で報じられたシングルマザーの50代モデルとの不倫疑惑について涙を浮かべて「ありません。それは、きっぱり申し上げます」と否定した。また番組では、堀尾の妻の手紙も紹介。「困っている人を放っておけないのは出会った時から」だというが、「今回ばかりは優しさの度が過ぎてしまった」と堀尾の性格を明かし、視聴者へ騒動を詫びた。

 番組では、堀尾が週刊新潮が報じた不倫疑惑について説明。目を赤くしながら、女性とは家族の悩みの相談に乗っているだけと説明し、男女関係はきっぱり否定した。

 番組では、堀尾の妻の手紙も紹介。「お騒がせして申し訳ない」「(仕事関係者などには)お詫びのしようもない」と夫の騒動をまずは詫びた。

 相手の50代シングルマザーのことは「すでに聞き及んでいた」といい、「彼が困っている人を放ってはおけないのは出会った時からで、これまでも(広い意味での)人助けはいくつかありました」と堀尾の性格に言及。そして「心の優しい、懐の深いところは彼の一番の魅力だと思っています。それは出会った時から今も変わりません」と、堀尾の情に厚い一面が魅力の一部だと訴えた。

 だが、その結果が今回の騒動となったことから「今回ばかりは、優しさの度が過ぎてしまったのかもしれません」とピシャリ。

 この手紙を見た堀尾は「本当にその通りです。妻の気持ちの通りだと思います」と神妙な面持ちだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス