文字サイズ

小倉智昭、PTA「免除の儀式」に仰天「そんなに嫌がられているんだ…」

 キャスターの小倉智昭が23日、フジテレビ系「とくダネ!」で、役員を免除してもらう“免除の儀式”というものまで存在するという全国のPTA活動について「そんなに嫌がられているんだ…」と驚きの声を上げた。

 番組では、新学期を迎え、なり手がおらず苦心しているPTA活動について特集。役員を免除してもらうための“免除の儀式”なるものもあることも紹介した。

 免除の儀式とは、役員を免除してもらうために、その事情をつまびらかに告白することで、自身や家族の病気や、家族の介護、シングルマザー、シングルファザーであることなどを明かし、免除してもらうかどうかを話し合うというもの。番組では、病気の場合は「診断書を出すように」と言われたことや、シングルマザーであるとの訴えには「みんな働いている」と却下された事例なども紹介した。

 これにコメンテーターの中江有里は「免除の儀式と聞いて恐ろしいと感じる人多い」と指摘。「(できない)理由を見ていると、どなたも無理じゃないかと思ってしまう。となるとPTAって一体何なのかにつながる」と疑問を呈した。

 更に番組では、とある小学校のPTA会則を紹介。役員選出の日に欠席しても異議申し立ては認めない、仕事や単親は理由にならない、転入生で、前の学校で役員をした場合は前学校のPTA会長に証明してもらうといった会則もあった。ちなみに免除される条件は、既に役員を担当している人、妊娠している人、小さい子どもがいる人となっていた。

 そこまでしないとなり手がいないというPTAの実情に、小倉は「そんなに嫌がられてるんだ、PTAって」と驚きの表情を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス