文字サイズ

NGT山口真帆4・21公演に出演決定 “謝罪公演”以来101日ぶり

 NGT48の山口真帆
1枚拡大

 昨年12月に男性2人から暴行される被害を受けたNGT48の山口真帆(23)が、21日に新潟市のNGT48劇場で行われる現存チームの「千秋楽公演」に出演することが17日、グループの公式サイトで発表された。AKB48兼任の柏木由紀(27)は、同公演をもって兼任解除となる。

 山口が出演するのは在籍するチームGの「逆上がり」公演。山口はGの副キャプテンだが、チームは同公演で解散する。山口が公の場に現れるのは1月10日に同所で行われた「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」以来、101日ぶり。山口とスタッフが話し合って決めたという。

 千秋楽公演について、運営会社のAKSは11日、メンバーと話し合った上で開催を決めたことを発表。山口は12日、自身のツイッターで開催への反発を示唆し、出演するかどうかが注目されていた。

 山口は1月8日、SNSなどを通じ、昨年12月に新潟市内の自宅で男性に暴行され、一部メンバーが関わっていると訴えた。2月1日に第三者委員会が発足、3月21日に発表した報告書でメンバーの関与を否定。22日に新潟市内で開いた会見で運営側は重ねて関与を否定したが、山口は会見中に「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」などとツイート、運営側の主張を否定した。

 また、公式通販サイト「AKB48グループショップ」で、2月23日に予約販売受付が開始された「NGT48メンバーサインステッカー付き ベースボールキャップ」の山口分が急きょ発売中止になったことも分かった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス