文字サイズ

ケーシー高峰さん死去 1年前から肺気腫で闘病、85歳

ケーシー高峰さん 
1枚拡大

 医療漫談で知られる漫談家のケーシー高峰(たかみね、本名門脇貞夫)さんが8日午後3時過ぎ、肺気腫のため福島県いわき市の入院先で死去していたことが9日、分かった。85歳。山形県出身。葬儀は家族葬で行う。

 所属事務所によると、約1年前から肺気腫を患っており、昨年9月から療養のため、仕事を全てキャンセルして休業した。

 静養していたがいっこうに良くならず、今年2月頃に容体が悪化して入院した。2月初旬には、電話でしっかりした声を聞かせていたという。最後の仕事は昨年9月に収録したBS朝日「お笑い演芸館+」だった。

 ケーシーさんは1934年2月25日生まれ。日本大学医学部から芸術学部に転部して卒業。リーガル天才・秀才に入門した。芸名は医療ドラマ「ベン・ケーシー」から。60年代からお色気ネタを交えた医療漫談でブレーク。テレビ朝日系「エプロン寄席」、テレビ東京系「おいろけ寄席」の司会を担当した。白衣姿で黒板のスタイルはよく知られている。

 70年代からは俳優としても活躍。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「楢山節考」、「男はつらいよ」シリーズ、ドラマ「夢千代日記」などで印象的な演技を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス