文字サイズ

史上初のピン芸人“全滅” ファイナル3人は全員コンビ芸人…R-1ぐらんぷり

 おいでやす小田
1枚拡大

 ピン芸人ナンバー1決定戦「R-1ぐらんぷり 2019」の決勝が10日、東京・フジテレビで行われ、Aブロックはセルライトスパ・大須賀健剛(34)、Bブロックは霜降り明星・粗品(26)、Cブロックはだーりんず・松本りんす(41)が制し、ファイナルステージに進出。ファイナルを粗品が制し、M-1との2冠を達成した。ファイナルに進出した3人ともがコンビ芸人で、17回目にして初めて、上位3人にピン芸人が入らず、全滅という事態になった。

 粗品は、Bブロックではピン芸人のおいでやす小田と同点だったが、票を入れた審査員の数が多かったことでファイナル進出を果たした。ファイナルでも大須賀と同点だったが、再び規定により上位となり、優勝を果たした。

 今大会は、ファイナルに進出した3人ともがコンビ芸人で、17回目にして初めて、上位3人にピン芸人が入らなかった。粗品は「いいと思いますね。ピン芸人の立場がないとおっしゃったり、コンビ芸人に負けてられへんとおっしゃったりする方もいらっしゃいますが、僕も松本さんも大須賀さんも、(ピン芸を)なめてない、というのが核にある」と発言。「『コンビで普段やってるから、もうええか』と思うことはない。その熱意は皆さんにも伝えたい、ピン芸人おの方もM-1に出てますし、お笑い界を盛り上げたいという気持ちで出ています」と宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス