文字サイズ

二宮和也 妻夫木とコスプレ初共演 20年公開映画「浅田家(仮)」

 二宮和也(左)と妻夫木聡
1枚拡大

 嵐の二宮和也(35)が、2020年公開の映画「浅田家(仮)」に主演することが27日、分かった。俳優・妻夫木聡(38)と初共演する。

 写真家・浅田政志氏(39)が、バンドマンや消防士など様々にコスプレした自身の家族の姿を撮影した異色の写真集「浅田家」が、ストーリーのベースとなっている。二宮が4人家族の次男、浅田政志を演じ、妻夫木が兄・浅田幸宏役を務める。

 政志が様々なシチュエーションでコスプレした家族写真を長年撮影する中で、東日本大震災が発生し、家族の在り方を問い直していくヒューマンドラマだ。

 二宮は昨年「検察側の罪人」で若き検事を演じ、日本アカデミー賞助演男優賞を受賞するなど、培った確かな演技力で政志に魂を吹き込む。兄役を演じる妻夫木との化学反応も見どころ。二宮は「たくさんの作品で演じている姿を観ていて本当にうまいなぁといつも感動していました。目一杯楽しみたいと思います」と、待望の初共演に心を弾ませている。妻夫木は「僕は二宮さんをそっと隣で支えていければと考えています」と静かに決意をにじませる。

 16年に手掛けた宮沢りえ主演「湯を沸かすほどの熱い愛」で映画賞を総なめにした中野量太監督(45)がメガホンを取る。「浅田家の兄弟役のオファーを、希望通りの二宮和也さん、妻夫木聡さんに受けて頂き、ほくそ笑んでいます」と豪華タッグに期待を膨らませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス