文字サイズ

乃木坂 涙のレコ大2連覇 ライバルAKBに並んだ

連覇を達成した乃木坂46のメンバーが華麗なパフォーマンスを披露する=新国立劇場 
1枚拡大

 「第60回日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)の最終審査会が30日、東京・新国立劇場で開かれ、乃木坂46が「シンクロニシティ」で2年連続2度目の大賞に輝いた。女性アイドルグループの大賞連覇は、2011、12年のAKB48以来、2組目となった。

 名実ともに日本一のアイドルグループの座をつかみ取った。大賞で名前を呼ばれると、白石麻衣(26)と西野七瀬(24)のダブルエースは固く抱き合い、涙を流した。

 AKB48と同じく、結成7年目でのレコード大賞連覇。公式ライバルの歴史に肩を並べ“黄金時代”の到来を証明した。白石は「まさか大賞を取れるとは思っていなかったので、本当に皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです」とまた涙。西野は「今年一番うれしいです」と笑みを浮かべた。

 激動の1年だった。1月、デビューから5曲連続でセンターを務めた生駒里奈(23)が突然、卒業を発表。キャプテンの桜井玲香(24)が「入れ替えが激しい時期に入ってきたなと思った」と話したように卒業ラッシュが続き、11月末に若月佑美(24)、今年末に西野と、選抜常連3人を含む計8人がグループを離れる決断をした。

 それでも歩みは止まらなかった。西野や齋藤飛鳥(20)はドラマ、映画に主演。白石は今年度のCM女王(18本)に輝くなど、個人レベルでも全国的な活動を展開。個々に付けた力をグループに集約し、さらなる進化を遂げた。今年発売したシングルはすべてミリオンヒット。今月1日には、中国・上海で初の単独海外コンサートも実現させた。

 桜井は「昨年いただいたことを誇りに、それをきっかけに素晴らしい1年が過ごせた。今年もいただけたということで、さらに飛躍できるように頑張っていきたいと思います」と感激の面持ち。アイドルグループの歴史を塗り替えるレコ大3連覇を早くも見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス