文字サイズ

欅坂・平手やはり欠場 代役センター小林は重圧吐露「自分で大丈夫かな…」

 音合わせを終えた欅坂46の(前列右から)小林由依、菅井友香、渡邊理佐、土生瑞穂、(後列右から)長濱ねる、小池美波 守屋茜
 紅白を欠場することになった平手友梨奈
2枚

 大みそかに生放送される「第69回NHK紅白歌合戦」(総合、後7・15)のリハーサルが29日、本番会場となる東京・渋谷のNHKホールで始まった。

 腰部打撲・左仙腸(せんちょう)関節捻挫による仙腸関節不安定症と、両手関節捻挫による遠位橈尺(とうしゃく)関節痛のため、21日から一部の活動を休止している欅坂46・平手友梨奈(17)は、紅白を欠場することが分かった。キャプテンの菅井友香(23)が明かした。

 菅井は「今は残りのメンバーで精いっぱい欅坂を守って、ベストを尽くしたい」とコメント。代役でセンターを務める小林由依(19)は「平手の分まで頑張りたい」と意気込みつつ、「ずっと平手がやってきたので、自分で大丈夫かなというプレッシャーもある」と吐露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス