文字サイズ

水樹奈々、アニメ映画での小学生役に恐縮…星蘭に「ごめんなさい、ごめんなさい」

 声優で歌手の水樹奈々(38)が22日、都内で行われたアニメ映画「若おかみは小学生!」の公開記念舞台あいさつにヒロイン・おっこの声を担当した小林星蘭(13)らと登壇した。

 両親を亡くし、祖母の温泉旅館で働く小学6年生・おっこの成長を描いた人気児童文学のアニメ化。水樹はおっこの同級生でライバル的存在となる秋野真月を演じており、「『私が小学生役か…本当に大丈夫か?』と現場に行ったら星蘭ちゃんがいて『ごめんなさい、ごめんなさい』と思いました」と自虐ジョークで笑わせた。

 一方の小林は二回り近く年下だが「本当に同級生みたいな感じでした」と笑顔。水樹は「ありがとう~」と喜んでいた。

     

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス