文字サイズ

稲田元防衛相 高官に“網タイツ禁止令”出されていた

稲田朋美氏(2016年撮影)
1枚拡大

 稲田朋美元防衛大臣(59)が9日放送の読売テレビ「あさパラ!」で、ハイヒール・リンゴのインタビューに登場し、大臣時代に防衛省の高官から“網タイツ禁止令”を出されたことを明かした。

 議員会館で、白いジャケットに柄入りワンピース姿で出迎えた稲田氏に、リンゴは「網タイツじゃないんですね」と、以前トレードマークだった網タイツを、この日は履いていないことを指摘。すると稲田氏は「網タイツは実は、防衛大臣になってから1回も履いていないんです」と答えた。

 稲田氏は南スーダンPKO部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題が契機で辞任に至ったが、当時のことを「試練もありました。それまで順調にきすぎてたかも」と振り返った。

 リンゴが「永田町のいやらしさというか、女が上にいくと、足を引っ張る人っているんですか?」と質問。すると稲田氏は「男性社会なんですね。まだまだ女性が少ないし」と女性議員の活動の難しさを告白した。「例えば(立憲民主党の)辻元清美さんって、考え方が違うし仲悪いと思われるかもしれませんが、トイレで会ったら『頑張ろうね』と言ったりとか」と、党を超えた結束も必要と説いた。

 日報問題以前も、周囲から厳しい声を受けていたそうで「防衛大臣になることが決まり、前日に防衛相の高官から、網タイツはやめてほしいとか、髪の毛がクルクルしているとか、色んなことを言われました」と、ファッションを否定されるような言葉を聞いたという。網タイツはやめたが「それはあまり関係ないと考えていましたけどね」と、服装に関する細かい指摘は気にしないようにしていたという。

 リンゴが「生まれ変わっても政治の道に?」と尋ねると、稲田氏は「私はすごく好きです。大変だし一寸先は闇なので、本当にやりたい人以外はやるべきではない」と複雑な心境を交えながらも、政治への意欲を見せた。また「政治家になった時から1年生から誰でも目指している」とも話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス