文字サイズ

ナイトスクープ「見習い秘書」女優の志願者が続々 意外に苦戦

ABC「探偵!ナイトスクープ」の収録に、見習い秘書として登場した高橋ひかる(左)と探偵局長の西田敏行=大阪・朝日放送
2枚

 女優・本仮屋ユイカ(30)と、高橋ひかる(16)が26日、大阪・ABCで行われた「探偵!ナイトスクープ」(関西地区は金曜、午後11・17)の2本収録に「見習い秘書」としてそれぞれ参加した。3代目秘書の松尾依里佳(34)が卒業し、当面、毎回違う「見習い-」が登場することになったが、同局によると、名物番組とあって志願者が相次いでいるという。

 歴代秘書が務めてきた冒頭の長い挨拶フレーズや、スラスラとした依頼文の音読はコツがいるようで、女優陣も苦戦した。

 1本目の収録で登場した本仮屋は、長い挨拶フレーズの途中で詰まり、手で胸を押さえて深呼吸。先に挨拶を行った探偵局長の西田敏行(70)が「私、挨拶、かんじゃった」と告白すると、本仮屋は「あっ、私も」と手を挙げて応じ、2人で挨拶の撮り直しを行っていた。

 2本目の収録には、高橋が登場。西田は54歳差の高橋を「かわいい~かわいい~。透明感があるねえ」と目を細めて迎えた。探偵の石田靖(52)は、西田と高橋が並んで座っている様を「ドン・コルレオーネ家の孫娘みたいや」とイジっていた。

 高橋は依頼文の音読で苦戦し、何度もかみ続けた後に、「おーっ、とっ、とっ、とっ」と謎のフレーズを発して、スタジオが笑いに包まれていた。

 本仮屋出演分は2月9日、高橋出演分は2月16日に放送予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス