文字サイズ

松本人志、「ガキ使」の黒塗り問題に持論も…「浜田が悪い(笑)。国外追放」

ダウンタウン・松本人志と浜田雅功
1枚拡大

 ダウンタウンの松本人志が14日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。

 年末に放送された日本テレビ系「ガキの使いやあらへんで。大晦日年越しスペシャル!絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」で問題視された“黒塗りメイク問題”について「いろいろ言いたいことがあるが面倒くさいので、浜田が悪い。あいつを干しましょう。国外追放!」と突き放した。

 「ガキ使-」ではエディー・マーフィーに扮した浜田が、顔全体を黒く塗って笑いを誘ったことに関して国内外から「人種差別」と批判が噴出。これに対し、MCの東野幸治が「浜田さんもやらされている、どっちか言ったら」とフォローすると、松本は「断らなかったあいつが悪い」「あのボケは本当にどうしようもない」と苦笑した。

 番組出演した安藤優子キャスターは「エディー・マーフィーに扮したことまでは良かったが、笑いの種にしたことが。黒人を笑ったとなるんですよ」と見解を示すと、松本は「エディー・マーフィーの自宅にまで謝らせに言った方がいい。本人「はあっ?」って言われるよね。お前、誰やって」と首をひねりながら、「テーマがアメリカンポリス。流れとしては唐突ではないんですが…。でも、浜田が悪いですね」と言葉を飲み込んだ。

 ただ、芸人の立場として、やはり納得がいかない様子。「僕らは物まねタレントではないからいいが、物まねで黒塗りもなしでいくんですね?ルールブックを設けてほしい。黒塗りはなし?だって。この先、(黒塗りメイクが)出て来て叩かれないと浜田差別になりますよね。みんなやったことある。芸人なら」と、持論を述べた。

 犬塚浩弁護士は「文化同士のある種の価値観のぶつかり合い。反論はあっていい。これをきっかけにいろんな議論があっていい」と語ると、ヒロミは「時代がこうなっている。バラエティーではいろんな問題があって、ここからは(規制がかかり)すごく狭くなる」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス